骨粗鬆症は治療が可能|名医に相談して改善へと繋げよう

医者

乳がんとその検査

先生

日本では乳がんに罹患する人が増加しており、若年化も進んでいます。会社や自治体など乳がん検診を受ける機会があれば、積極的に受けることで早期発見・早期治療に繋がります。自分に合った検査や医療機関を選ぶと良いです。

詳しく見る

どのようなものなのか

医者

骨粗鬆症というのは、老化をもとにして起こる骨の萎縮です。骨の有機質と無機質のバランスが悪くなり、骨に小さな穴ができたような状態になります。根本的な治療方法がないため、治療は基本的に進行を阻止する方向で行われます。骨粗鬆症の最大の特徴というのは、骨がもろくなるということでしょう。骨に穴が開いた状態になるために、強度が極単に落ちてしまうのです。そのため通常ならば何でもないようなことでも、簡単に骨折してしまうことも少なくありません。例えば布団の上げ下ろしや、クシャミをしただけでも骨折することがあります。また、1度骨折すると骨がつきにくいといった特徴も持っています。骨粗鬆症の人が骨折をすると、通常の人より、治療に長期間かかることが多いのです。こうした症状の他にも、発症すると腰が曲がりやすくなるといった特徴もあります。これは椎体が後ろから前に向かって圧迫されるため、椎体の前方が潰れてくさび状になるために起こるのです。

骨粗鬆症というのは、現在では進行を阻止する治療方法が主流となっています。しかし阻止するとはいっても、完全に進行を止めるのは難しいものがあります。ですので今後は、骨を再生する方向へと治療方法は変わっていくのではないでしょうか。近年では、細胞の再生も可能となってきています。その技術を応用することで、骨の再生も不可能ではないでしょう。骨が再生できるとなれば、進行を阻止するどころか完治も夢ではなくなるかもしれません。そうなれば骨粗鬆症は怖い病気ではなくなりますし、元気な高齢者が増えることで介護の問題なども軽減できるような気がします。 医学の進歩は著しいですし、このような根本的な治療方法が登場してきてもおかしくはないでしょう。

樹状細胞を用いた治療

病棟

日本の三大疾病の一つなのががんです。がんは重い病気であるため、早めの治療が必要です。そんな治療では樹状細胞療法があります。これは名にありますように樹状細胞の特徴を利用した治療です。

詳しく見る

末期がんにも期待が持てる

鬱病

日本人の死亡原因にも多く上がっている疾病の一つにガンがあります。ガンの治療方法は様々なものが研究されており、医療技術も日々進化しています。なかでも、NK細胞療法が注目を集めているのです。NK細胞療法はナチュラルキラー細胞による治療法で、末期の症状にも期待ができるものです。

詳しく見る