骨粗鬆症は治療が可能|名医に相談して改善へと繋げよう

先生

乳がんとその検査

先生

乳がんの傾向と検査の意義

日本では乳がんに罹患する人が増えているとともに、若年化が進んでいます。生活スタイルの変化や、出産する人が減っていることなど様々な原因が指摘されています。しかし日本では乳がん検診の受診率が他の先進国に比べてまだ低いため、早期発見・早期治療のためにも、受診率の向上が重要と言われています。乳がん検診は通常、会社で行われる検診のオプションなどで行われています。専業主婦などで定期的に検診を受ける機会の無い人には、自治体で行われている乳がん検診を利用するという方法があります。乳がんの初期には自覚症状が無いことも多いので、乳がん検診を受けられる機会があれば、積極的に利用することで早期発見・早期治療に繋がります。

乳がんの検査内容

乳がん検診では、触診・エコー検査・マンモグラフィー検査の三種類が基本となります。乳腺の発達している若年層では、マンモグラフィー検査よりもエコー検査が向いています。最近ではマンモグラフィーの検査機器の発達により、以前よりも痛みが少なく、画像も立体的に写せるものが出てきていますので、マンモグラフィー検査の痛いのが苦手、という人はそのような医療機関を探してみると良いです。乳がん検診を受ける場合には、生理前だと乳腺が張っていてマンモグラフィー検査で痛みが強くなることがありますので、なるべく生理が終わった後に受けるようにします。検査の頻度は、特に問題が無い場合には1〜2年に一回、検査で経過観察などになっている場合にはその指示に従うようにします。