骨粗鬆症は治療が可能|名医に相談して改善へと繋げよう

先生

末期がんにも期待が持てる

鬱病

免疫細胞を用いたがん治療

免疫細胞であるリンパ球には、Tリンパ球とBリンパ球があって、さらにTリンパ球には、ヘルパーT細胞やキラーT細胞等があります。そして、これらのT細胞は主に、腫瘍細胞に対して攻撃を仕掛けます。これを細胞性免疫と呼び、これには樹状細胞やナチュラルキラー細胞等も関係しています。一方のBリンパは、液性免疫を司る免疫細胞で、免疫抗体を産生してウイルスや細菌、そして腫瘍細胞等にも攻撃を仕掛けるのです。これらの免疫細胞を用いたがんの治療法が、免疫細胞療法と呼ばれるもので、今回は、ナチュラルキラー細胞を用いたがん治療について説明します。このナチュラルキラー細胞によるがん治療のことを、NK細胞療法と呼んで、末期がんでも期待が持てる治療法なのです。

NK細胞をどう使うのか

NK細胞療法において、NK細胞をどう使うのかというと、まずはがん患者本人のNK細胞を体外に取り出し、試験管の中で培養をします。そして、増やしたNK細胞に特殊な刺激を与え活性化した上で、再びがん患者の体内に戻してやるのです。すると、多くの活性化されたNK細胞が、体内でがん細胞を見つけ出し、細胞レベルでがん細胞を攻撃するのです。要するに、目には見えない小さながん組織でもNK細胞が探し出して攻撃を仕掛けますから、転移が始まっているがんでも完治できる可能性があるのです。ただしNK細胞療法は、自由診療になりますから、その治療に必要な費用は全額患者が負担することになります。その費用は高額になりますが、NK細胞療法の可能性にかけてみる価値は十分にあります。