骨粗鬆症は治療が可能|名医に相談して改善へと繋げよう

先生

樹状細胞を用いた治療

病棟

免疫細胞の樹状細胞

樹状細胞をご存知でしょうか。樹状細胞というのは、私たちの身体の中にある免疫細胞の一種で、細胞のあちらこちらから枝が出ているような形をしていることからこの名前がつけられました。樹状細胞の役割は、身体の中をパトロールして身体の中で生まれてくるがん細胞を見つけ出し、飲み込んでしまうのです。飲み込まれたがん細胞は死滅しますが、樹状細胞の役割はそれだけでは終わりません。がん細胞から得られた情報を、Tリンパ球に与えるのです。がん細胞の情報を受け取ったTリンパ球は、ナチュラルキラー細胞等のその他免疫細胞と協同してがん細胞を攻撃することになるのです。そして、この樹状細胞を用いたがん治療が樹状細胞療法と呼ばれるものです。

メリット内容

樹状細胞療法のメリットについてお話しします。樹状細胞療法は、既述の通り細胞レベルでのがん治療になりますから、人間の目では見つけ出せないようながん細胞をも見つけ出し、攻撃できるのです。ですから、転移してしまったがんでも治療できる可能性があるのです。また、入院せずに通院で治療を続けることができるところも、樹状細胞療法の大きなメリットと言えます。さらに、現在でも主流となっている外科手術や抗がん剤を用いた治療法に見られるリスクや副作用がありませんから、がん治療による患者へのダメージを考える必要がありません。ただし、樹状細胞療法は自由診療にあたりますから、その治療費は患者側が全額負担しなければなりません。しかし、高額な治療費を支払ってでも試してみる価値はあるはずです。